>> ママなら知らないと損なお得情報

離乳食の手抜き技5選。3人に離乳食をあげてきた私が行き着いた手抜きワザまとめ

離乳食の 手抜き技を 大公開

 

悩むママ
悩むママ

離乳食を手抜きしたいけど、どうしたらいいかよく分からない

 

離乳食の手抜き方法について悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

私もはじめて長女に離乳食をあげていた時は、手抜きが上手くできずとても苦労をしました。

この記事では、なかなか離乳食の手抜きができないというママ・パパ向けに、私が3人に離乳食を作ってきた中で、これいいじゃん手抜きできる!と思った技を紹介。

三女は生後8ヶ月で保育園に通い始め、離乳食と上の子たちの幼児食、大人の料理を仕事後に用意するのはかなりハードでした。

せめて離乳食は手抜きしたい、そう思ってより一層手抜きに精を出してきました。

しっかり1から作ってあげたいという完璧で素敵なママ・パパには、全く役に立たない内容だと思いますので、ご了承ください。笑

離乳食をなるべく手抜きで作っていきたいママ・パパさんに向けの記事
スポンサーリンク

離乳食の手抜き技1:必須アイテム

まず、離乳食の手抜きに、必須なアイテムと手抜きになる活用方法を紹介。

これがあれば、離乳食は無敵。かなりの時短が出来ます。

すり潰す、小さく刻む、こす、湯がくなど大抵のことはコレ1つでできます。

オススメの手抜き活用方法は、大人用の料理から取り分けで離乳食を作る時に上手く活用することです。

例えば、大人用の豚汁やポトフを作ったら、味付け前に小鍋に離乳食分を少し取り分けて、さらに柔らかくなるまで煮ます。

そしてこのアイテムのアミアミになっているところに野菜を置いてエイっと上から押せば、すぐに野菜を赤ちゃん用に細かく出来ます。

いちいちみじん切りしなくていいのです。

あっという間に、大人の料理を作っている横で離乳食を作ることができます。

さらに、私は旦那がいるときに大量に野菜を煮て、旦那にこのアイテムと煮た野菜を手渡し、一気に大量に細かくしてもらい、冷凍していました。

みじん切りするわけではないので、これなら旦那でも、テレビ見ながら出来ます。笑

離乳食時期は、やたらと豚汁やポトフ、鍋を作っていました。大人の料理から何を取り出せるか考えると離乳食はかなり手抜きができてきます。

スポンサーリンク

離乳食の手抜き技2:お粥は炊飯器で大量生産

手抜きを極める場合、お粥は、炊飯器で大量に作って一気に冷凍がオススメ。

楽が1番です!

f:id:hatarakumama_aco:20190802094126j:image

大量にお粥を作ったら、以下のような容器にいれて、一気に冷凍!

冷凍する際の小分けトレーは、電子レンジ対応・食洗機対応を選ぶように私はしていました。

まだ離乳食始めたばかりのときは、フリーズドライもかなり味方になってくれます。

作っても食べないかもしれないしね。笑

 

それにコープ生協さんは、すでにお粥を冷凍してくれたりもしててね、便利な世の中になりました。

食べる量が多くなるまでは、こういうものをたくさん活用していました!
f:id:hatarakumama_aco:20190802094504j:image

スポンサーリンク

離乳食を手抜き技3:コープ生協さんを味方につけよう

コープ生協さんは離乳食に力を入れてくれていて、本当に助けてくれました。

離乳食期の赤ちゃんを保育園に預けて働くママパパは特に絶対契約しておくべしだと思います。

もちろん、保育園に預けなくても、離乳食作りは大変なので、利用をオススメします。

お粥だけではなく、すりおろし野菜シリーズにも本当に助けられています。

f:id:hatarakumama_aco:20190802151654p:image

生協さんには、助けてもらいっぱなしです。小さく刻んだうどんとかなんでも揃います。

一度離乳食メニューをチェックしてみると、かなり手抜きの道が開けるかと思います。
生協の宅配「コープデリ」・「おうちコープ」

購入商品選びのポイントとして、離乳食の手抜きなら、しらすとお豆腐は常に冷蔵庫に入れておきましょう。

タンパク質を何で与えるかですが、しらすとお豆腐はかなり味方になってくれるので、常に冷蔵庫には入れておくといいです。

コープ生協さんには、パラパラしらすという商品が売っていてとても便利でした。
f:id:hatarakumama_aco:20190802125947j:image

離乳食の手抜き技4:毎日の料理で、少しづつ離乳食をつくる

毎日の料理で少しづつ離乳食を作れるようになれば、手抜き上級者への仲間入りができてきます。

ただし、最初からは絶対にそんなにうまくはいきません。

3人目ともなると、だいぶ要領よく出来るようになるもので、自分でもビックリします。

毎日の料理で、いちぶ離乳食となりそうなものを取り出して冷凍を繰り返せるようになりました。

どういうことか?を説明しますので、まずはこれを1回実践してみてください。
そうすると、だんだん要領が掴めてくると思います。

▶︎ほうれん草の胡麻和え
→葉の柔らかいところのみを、大人の分を切った流れで、みじん切りして、ラップで包んで冷凍。

▶︎豚汁、ポトフ、カレー、シチュー
→野菜を一部別の小さい鍋に取り出してさらに柔らかくなるまで煮て、小さくカットして冷凍。

▶︎ブロッコリー
→いくつかお湯の中に残し、柔らかくなるまで茹でて手でほぐして冷凍。

こうやって毎日の料理をしながら、冷凍野菜のバリエーションを増やしていくことができるようになると、わざわざ離乳食作らなくても、離乳食のストックを作っていけるのです。

まず上の3つを今夜やってみてください!必ず要領が掴めていくと思います。

離乳食の手抜き技5:お助けサービスの活用

えー離乳食の手抜きにしては、ハードル高すぎるよ!という方安心してください。

今は世の中には素敵なサービスがたくさんあります。

コープ、フリーズドライ、パウチの離乳食、もう出来ているものがたくさん売っています。

 
このベビーフードは、国産・有機野菜で作った無添加のベビーフード
私のママ友が色んなベビーフードを子供に食べさせたけど、このベビーフードを食べたときの子供のウンチの匂いが全然違う!!と教えてくれました。
 
 
こういうフレークは、私はよくスープにして使っていました。かぼちゃスープとか。
 

 

うどんやそうめんなどは常に買っていました。冷凍ストック切らせてたー!なんて時にも大活躍でした。

上のような離乳食を常に買って家に常備しておくことで、離乳食の闇がだいぶ晴れます。

開発してくれている方に感謝しながら、毎日お世話になっています。笑

ほんの何ヶ月かの離乳食期間ですが、上手く色々なものを使いこなして、時短して負担を減らして乗り越えていきたいですね。
生協の宅配「コープデリ」・「おうちコープ」をチェックしてみる

タイトルとURLをコピーしました