つわりと仕事の両立はしんどい…突如始まる悪阻の乗り越え方

つわりと仕事

私には、6歳、3歳、1歳の娘がいますが、3人とも妊娠中は悪阻がありました。

特に1人目の悪阻は酷く、3ヶ月程ほとんど会社に出社出来なくなってしまいました。

1人目ということもあり、慣れない妊娠生活への不安と仕事の同僚や上司への申し訳なさに毎日押しつぶされていました。

気づけば、何度も「仕事を辞めさせてください」と上司に連絡をしていました。

そんな私は、今三人を産み復職し、ワーママを続けることが出来ています。

過去のつわり時期を振り返り、つわりと仕事の両立について思うことを書いてみたいと思います。

今まさに悪阻と仕事で悩んでる方に読んでもらえたらと思います。

つわりと仕事のしんどい生活は、突如として始まる

一人目の妊娠が分かった頃から、つわり生活が突如として始まりました。

吐き悪阻だったので、毎日トイレとお友達になってしまいました。

出社する電車にも、気持ち悪くて乗れなくなってしまい何本も見送ってしまうようになりました。

女の人のいい匂いも、おじさんの匂いも全部ダメで、電車になんとか乗車できても、隣の駅で飛び降りたりしていました。

それでも、なんとか出社するため、鼻にティッシュを詰めマスクをして電車に乗ってみたりもしました。

今考えるとヤバイ奴ですが、当時は同僚や上司に迷惑をかけているのもしんどくて、なんとか出社しなきゃと思っていました。

なんとか出社しても、オフィスの女子たちのいい匂いやコーヒーの匂いに打ちのめされ、保健室で横になる日も増えていきました。

昨日まではバリバリ仕事していたのに、突如出社すらしんどい状況になったのです。

もちろん1ヶ月先の仕事も組んでいました。どうしようどうしようと毎朝葛藤する日々が突如として始まったのです。

つわりと仕事の両立がしんどいを通り越してしまった

悪阻は日に日に悪化し、ついには家から出られなくなってしまいました。

横になっているのもしんどくて、ずっとトイレに篭っていました。

その当時の私は、本当に辛すぎてトイレの中で、「どうかお願いだから、誰か一発で私を撃ち抜いてください」ってお祈りするくらいに追い詰められていました。

会社に毎朝、今日もお休みさせてくださいと連絡するのが、申し訳なさすぎて、上司に、

「もうこれ以上迷惑をかけられないので、仕事辞めさせてください。」と何度もメールしていました。

この時期は、悪阻の辛さと、仕事での罪悪感で、完全に鬱状態だったと思います。

しんどいを通り越して、もう全てを投げ出したいと願っていました。

つわりと仕事の両立が本当にしんどいけど、仕事を辞めずにいられた理由

毎日のように、もう辞めさせてくださいと上司へメールを送っていた私が、仕事を辞めずに今もキャリアを継続出来ているのは、2人の上司のおかげです。

その時の上司が2人とも子持ちで、奥様も働くママだったからだと思っています。

彼らは、奥様での経験から、

●悪阻により私のメンタルが崩壊していること

●悪阻はいつか終わること

を分かっていたのだと思います。

1人の上司は、私の仕事を全て変わってくれ、出張も私の代わりに文句一つ言わず、行ってくれました。

もう1人の上司は、とにかく私に、「今決めなくていいから。」「今はとにかく休んでいいから。」「今は仕事は気にしなくていいから。」と毎日言い続けてくれました。

この2人のおかげで、私は仕事を辞めずに済みましたし、今でも心から感謝しています。

今振り返っても、私は本当にラッキーでした。

でも、こんなラッキーな環境ばかりではないのが現状だと思うので、悪阻と仕事の両立で悩んだ時に参考になりそうなコトを書いておきますので、

私のように仕事やめる!と早まらず、なんとかキャリアを継続することを考えてみてもらえたらと思いますし、いつか、私たちが上司になった時には、私の上司たちのように、悪阻で苦しむメンバーに寄り添ったマネージメントが出来る人でありたいですよね、本当に。

つわりと仕事の両立がしんどい時の乗り越え方

チョコラBBローヤル2を飲む

これは、悪阻で私が出社出来ず毎日落ち込んでた時に、同期の女の子が、つわりについて調べてたくさん買ってきてくれたものです。

悪阻に効くみたいだから!と。

妊娠で不足する栄養素が入っているそうです。

私はこれを飲むと、少しは悪阻がマシになりました。ほんの少し。ほんの少しでも、有り難かったです。

本当に辛い人は試してみてほしいし、もし飲みきれなくても、授乳中の栄養補給にもいいと書いてあるので、たくさん買っておいても役に立つと思います!

\\ とりあえず買っておこう //

酸っぱい食べ物を絶えず用意する

次女と三女の時は食べづわりだったので、コンビニで手に入る酸っぱい食べ物を絶えず摂取していました。

●梅干しおにぎり
●グレープフルーツジュース
●レモンの飴

これらには大変助けられました。

常にデスクでも食べていました。周りの人からはずっと食べてるやつだと思われていたと思いますが、そんなことは後になれば笑い話です。笑

悪阻はいつか終わると念じる

悪阻は人によっていつまで続くのかが違うので、ゴールが見えず本当に辛いのですが、

長い仕事人生において、最長でも10ヶ月という妊娠期間は短いです。

だから、最悪10ヶ月仕事を休んでも大丈夫!と開き直るしかないと思っています。

スパンを長く考えることで、今に追い詰められないことはあると思います。

だから、どうか今この瞬間の辛さで早まった決断だけはしないで、と言いたいです。

悪阻、なんとか乗り越えて可愛い赤ちゃん産んでくださいね!
応援しています。

タイトルとURLをコピーしました